少年

故あって、両毛線に乗る。

斜向かいの席に、久々に見るバーコードハゲのおっさんと、常に口が半開きのバカっぽい小学生ぐらいの少年が座っている。


両毛線の電車のドアは、駅に到着しても自動で開かず、ボタンで開閉しなくてはならない。

電車が駅に到着するちょっと前に、少年は席を立ち、到着するとボタンを押してドアを開く。

そして、出発直前にドアを閉じて、閉じたことを指差し確認し、席に戻る。

それを何度も何度も、飽きずに、駅に着くたび笑顔で繰り返している。

バカっぽいというかバカなのかもしれない。


しかしながら、小学生ぐらいの少年は押し並べてバカなものだ。

面白いと思ったことは、何度繰り返してもすり減らない。バカだから積み重ならない。

かつて少年だった自分には、それがよくわかる。

そんな少年を笑顔で包み込み、愛でられる領域にあるんだ、ということを思う。


俺? 俺はかしこい少年だったよ。

広告を非表示にする