ゴールドソフトを食す

パンを食べる者として、ヤマザキは避けて通れない会社である。

そのヤマザキの最高級品であるところの「ゴールドソフト」を勇気を持って買ってみる。

3斤で1620円もするんだぜ・・・。


今まで食べた食パンの中で一番うまかったのはぶっちぎりでペリカンの食パンであるが、価格的にはそれよりも高い。(3斤 1140円)

ペリカンのパンは、中身がギッチリ詰まっている感じの食感で、シンプルに小麦の美味しい味がする。

ゴールドソフトはそれとはベクトルが違い、きめ細やかな食感で、バターやミルクの風味を強く感じる。

マーガリンやらバターの必要のない、芳醇な味がする。

色もクリーム色が強く、香りもパターのいい香りがして、スライスしている時にもう、これは美味いだろう、と思う。


初回なのでよくわからないが、いつもと同じ時間でトーストしたら、焦げ目が強くつく。

バターをたっぷり使っている感じなので、そのせいなんだろうか。

その焦げ目がまたいい感じではあったが、焼き加減に関しては少し考える余地がある。


ペリカンの食パンを引き合いに出したが、それぞれ違う方向で美味しい。

ゴールドソフトはゴージャスな感じで、500円の価格差も全く納得がいく。

3斤もあるので、ここしばらくは楽しめる。うれしい。