ポケモンGOを引退する

まあ、今日の今日までポケモンGOを続けていたわけであるが、本日をもって引退する。


そもそも続けていたとは言っても、ポケモンGOプラスでのプレイで、ジムでバトルするわけでもなく、レアモンスターの捕獲に一喜一憂するわけでもない。

振動に対するレスポンスでボタンを押すだけであり、無限孵化装置でシコシコ1個ずつ卵を返すだけの面白みも何にもないプレイであった。

最終的にポケストップを回し、モンスターを捕獲することにアジャストしていった結果、毎朝開始時にモンスターボール20個を残して、その他のアイテムは全部捨てる、というプレイスタイルを確立し、いよいよなんのためにやっているのかわからなくなってはいた。

完全に惰性でやっていただけの話であり、辞めてないだけ、という状態が続いていたに過ぎない。


そして今日の話。

バンからポケモンGOプラスを出して、ポケットに入れようとした際にうっかり手からこぼれ、ポケモンGOプラスはそのまま側溝に飲み込まれていく。

本当にどこにも引っかからず、取っ手の穴にジャストで入る。なんの音も立てない。ポケモンGOプラスの大きさと取っ手の穴の大きさを考えたら奇跡みたいだ。

高校の時にまるで勝てなかった、北高のザンギ使いのスクリューパイルドライバーのようなスムースな飲み込まれっぷりに、清々しさすら感じる。

これだけわかりやすく引導を渡されたら辞めるしかない。


そしてすぐさまアプリを削除する。

ナイアンティックありがとう。ポケモンありがとう。任天堂ありがとう。グーグルありがとう。

自分は夢から覚め、これで次に向かえる。

広告を非表示にする