ジャスティスリーグを観る

先日こういったことを書いたが、ジャスティスリーグを観終わった今となっては、鼻で笑っちゃうよね。

すごく良いし、面白い。

ストーリーは、ザ・王道の勧善懲悪で全く迷わずに観られる。

6人もヒーローが出てくるのに、それぞれにちゃんと活躍の場があって、非常に手際が良いと思う。

アクションは若干の二番煎じ感はあるが、それでも楽しめる。

こまっしゃくれたことを考えずに観られる楽しい作品であった。


特に良かったのは、「高速ヒーロー フラッシュ」のアクションとザック・スナイダーが多用するスローの演出の相性の良さ。

300の頃からひたすらやり続けてきたスローが、今まさに輝いている感じがして良かった。

フラッシュの単独主演映画があるとしたら、それもザック・スナイダーがやるべきだと思う。