宇宙の子猫たち

Twitterでその存在を知り、いずれ見ようと思ってた「宇宙の子猫たち」をみる。

発端となったツイートの「ヤバい」という言葉が文字通りの意味であった。

ヤバい。


自分は猫好きを自負しているが、正直15分ほどでギブアップしてしまう。

宇宙船と荒野を舞台に、ほとんど絵変わりせず、未知との遭遇にも塩対応を続ける子猫の有様をひたすら追い続けた作品であり、頭の中で何度も「アブストラクト」というワードが浮かぶ。

また、同時にドキュメンタリーという意味合いで非常に純度が高く、コンビニのバイトをしていた時に見た、白黒の防犯カメラの映像の次ぐらいにドキュメンタリスティックだろう。


ギブアップ後、シークで飛ばし飛ばし最後まで確認するが、50分間ずっと絵変わりしない。

「それでもあなたは子猫が好きなんですか」と製作者に問いかけられた気がする。

自分はこの絵変わりの無さと、子猫たちのリアクションのしょっぱさに耐えられなかった。

この動画によって、猫が好きだ、の意味が永遠に変わってしまった気がする。

猫好きを自認する人は一度見てみればいい。

ヤバいので。