清澄庭園

読者になっているとあるブログで清澄庭園のことが話題になっている。

3〜4年ぐらい前だと思うが、結構な頻度で通っていたことがあり、懐かしく思う。


清澄庭園には大きな池があり、そこに鯉やら亀が泳いでいる。

その池の近くに売店があって、値段は忘れたが、たしか200円ぐらいで鯉の餌(麩)を買える。

普通に味噌汁にしたら、2週間ぐらい持つぐらいの量がある。

なので鯉に餌をやるだけで、たっぷり3時間ぐらいは暇が潰せる。


3時間も? と思うかもしれないが、鯉に餌を与えるのは相当面白い。

前提として、池に麩を投げ入れると、ほぼ確実に鯉の胃袋に入ることになる。

大量に鯉が寄ってきて奪い合いになったり、姿が見当たらないところに投げても、池の底から鯉が現れて食べたり、そんな遠くから? というところから泳いできたり、いろんなパターンで餌を食べていく。

これは食べられないだろう、というところに投げてみたり、逆にパニックを起こすぐらい、鯉を集めてみたりと、餌を投げる場所、頻度を変えて鯉をコントロールしていくのが楽しい。


また、鯉にもいろんなやつがいて、積極的に餌を食いにくる奴もいれば、鈍臭いのもいる。

積極的な奴に食わせないように、いかに鈍臭い奴に餌を与えるか、という鯉の個性を観察し、戦略を考えながら餌を与えるのが楽しい。


あるいは単純に餌で鯉を思い通りに移動させるのも楽しい。

また、亀もいるので、単純に亀の頭を狙って麩を投げるのも楽しい。

そんな感じであっという間に時間は過ぎる。


自分に、鯉の餌やりがヤバい、と教えてくれた同僚が亡くなってから、なんとなく足が遠のいている。

今回久々に清澄庭園のことを思い出し、検索してみると、今は餌やりが禁止になっているらしい。

コイなどへのエサやり全面禁止について(平成28年12月1日より)|清澄庭園|公園へ行こう!

そうかぁ・・・。