訃報

昼休みが終わる頃に、田舎の友人から電話がかかってくる。

Tくんが癌で亡くなった、ということである。


Tくんとは幼稚園から中学を出るまで一緒で、いわゆる幼馴染である。

ヘラヘラしている自分とは対照的に、Tくんはスマートな男で、世の中に対してどこか距離を持って接するような男であった。


自分の年代で田舎から関東圏に出て行ったのは、自分とTくんだけであったが、数年前から病に伏せ、田舎に戻っていたらしい。

しかしながら、田舎の友達みんなが、Tくんが田舎に帰っていたことを知らなかったそうだ。

Tくんの家族も、Tくん自身もそのことを周りに隠していた。

その話を電話で聞き、Tくんらしいな・・・、という気がした。


最後に会ったのは、20代の同窓会の時のことだったろうか。

はっきりいうと、その時に色々話した記憶はあるのだが、何を話したのか全く覚えていない。

今となっては詮無い話であるが、もう一度会っておきたかった、と思う。

が、それは今回亡くなったからそう思うんだろうということはわかっている。

普段から人と接するときはそういう心持ちをどこかに持っておくべきなんだろう。


こういう風に、彼の訃報をブログに書くことに対して迷いがあったが、結局書くことにする。

広告を非表示にする