死刑

朝から、オウム真理教の死刑囚に刑が執行された、というニュースを聞く。

自分の中で、一つの時代が終わった感がある。


地下鉄サリン事件の頃、自分は学生で都心の某校に通っていた。

自分はJRを利用して通っていたが、被害に遭った丸ノ内線は通学で使っている人が多く、友人や知り合いが被害に遭っていてもおかしくはなかった。

が、時期的に春休みだったので、自分の周りで被害に遭った人はいない。

直接的ではないにせよ、自分の日常に関わるところで圧倒的な暴力が振るわれ、自分とは関わりないにせよ、その暴力に巻き込まれた人たちがいる、ということに恐怖を通り越して、戸惑いを感じた。


今日のTBSラジオデイキャッチ田原総一朗が出ていた。

オウム事件真相究明の会」というのを立ち上げたそうだ。

司会の荒川強啓の「なぜ今のタイミングで死刑なんですかね?」という質問に、田原総一朗が「安倍の指示」とか言い出した。

そういった憶測を平気で宣う人が真相究明とかほざいているのか、と思う。


オウムの罪を裁くのに20年以上かかったことになる。

逆に言えば、20年以上オウムの事件に向き合っていた人がいたことになる。

その一つの帰結として今日の死刑があるのだろう。

自分はその経緯をほとんど知らないが、少なくとも「安倍がどうのこうの」という人よりは、今回の死刑を判断した人たちのことを信じる。

広告を非表示にする