村上RADIOを聴く

村上春樹の声を聴くのはこれが初めてで、一体どんな声なんだろう、と期待に胸を膨らませていたが、第一声を聴き、

渋〜〜〜〜〜〜〜〜い

と思った。

ある程度低い声だ、との話は聞いたことがあるが、想像以上である。

あのベビーフェイスから発せられているとは思えないし、喋り方もヤンキー上がりの後輩風に話終わるとき語尾が伸びる。

実際喋っているところを見たらギャップで笑ってしまうかもしれない。

でも、書いてる小説の中の雰囲気とはあっている気はする。

Radikoのタイムフリーでまだ聴けるみたいなんで、ぜひ聞いて見てほしい。