メンチカツ問題

およそ2週間後にどえらいイベントが設定されてしまうが、そのことについて書くことはあるまい。

一応メモのためにここで書いておく。


それはそれとして、たまに行くコッペパン屋がある。

そこはその場で揚げたコロッケやメンチカツをコッペパンで挟んで提供する店で、何しろボリュームがある。

1つ食べればだいたい満足できるし、2つ食べれば充実した食事になる。

パンも、とある有名な製パン会社のケースが外に置いてあって、店頭に貼ってある雑誌の切り抜きを読むと、その会社に特別に注文した、みたいなことが書いてある。

確かにそこのコッペパンは食感の滑らかさが際立っていて、揚げたパン粉の食感とのコントラストが良い。

味も甘めで、こちらは意外に甘めのソースとの相性が良い。

要するに味も良い。


しかしながら、そこの店は大量の作り置きをする店である。

朝一で行くと、ふわふわしたパンとサクッとした揚げたての具のコッペパンサンドを食べられるのだが、そこを逃すと、揚げ物の湿気で、パンも揚げ物もぐにゃぐにゃになったものを食べることになる。

ただ、そのぐにゃぐにゃなものも、ずっしりとした食感になってそれはそれで美味しい。


そして今日の昼にメンチカツのサンドを買いに行き、食する。

湿気ったコッペパンサンドを食べながら、うまいけど、この感じなんかに似てるな、という引っかかりがあり、そのことについてずっと考えていたが、しばらくのちに突然気がつく。

大きなメンチカツドーナツだ・・・。

コッペパンとドーナツでは全く違うものなんだけれど、ずっしりとした感じが似ているし、ボリューム感も変わらない。

しかも作りたてでないなら、3分の1ぐらいの値段の大きなメンチカツドーナツも悪くないんじゃないか、というようなことを思う。


久しぶりに大きなメンチカツドーナツを食べたくなったので、今度試そう。