羽生善治

久々に本屋に行く。

最近は物のない生活にシフトしていきたいと思っているので、Kindleで買えない本は可能な限り諦めることにしている上、それでも本を買う場合はAmazonで買っているので、本屋に寄り付くことがない。

そんな中、中途半端に時間が空き、適当に時間を埋めるために本屋に入る。


ぶらぶら歩いて本を見て歩く中、捨て置けない本が目に入る。

いや、その資格は十分にあると思うのだが、羽生善治が生きながら伝記入りしたことに衝撃を受ける。


正直に言おう。

980円と微妙に高い気がするので、買う気は全くおきない。

しかしながらかなり読みたい。

見つけた時も立ち読んでやろうかと思ったのだが、時間が埋まりつつあったので読めなかった。

いずれチャンスを見繕って、是非読みたい。