X-MEN: ダーク・フェニックスを観る

例によって毎月1日は映画の割引デーなんで、X-MEN: ダーク・フェニックスを見る。

意外なことに、席は半分も埋まっておらず、バイスとかコンフィデンスマンJPより観客がいない。

月曜で雨だったことを差し引いても不思議な感じがする。


全体的に若干凡庸であることは否めない。

フェニックスことジーン・グレイの抱えているものと、プロフェッサーXの思惑のすれ違いが話の軸になる。

その展開はわかりやすいが、凡庸であるから、というのが理由になる。

また、マグニートーの登場が突然すぎたり、ヴィランがどういうキャラなのか、いまいちはっきりしなかったり、ぼんやりとした展開も多い。

アメコミ映画は得てしてそんなものだとは思うが、シリーズの前作を見てないと理解できない感もある。


アクションも少なめだと思うが、MCUともDCEUとも違う、X-MENならではの超能力バトルが見れ、そこは満足できる。

特にラストバトルのマグニートーの最後の攻撃が「コイツマジツェーーーーー」と納得させられる素晴らしいシーンであった。


X-MENシリーズはこれで最後との事だが、グランドフィナーレ感は全くなかったことは伝えたい。