スナイダー・カット

最近はMCUも全然見て、やっぱ面白れぇや、とか思っているのだが、本来自分はDCのファンであり、MCUの隆盛にホゾを噛んでいる。

最近はアクアマンとかJOKERのヒットでDCの映画も盛り返しているが、DCEUのチームアップ映画に関しては完全に止まっていて、残念でならない。

そんな中、にわかにスナイダー・カットの公開に向けて、方々が盛り上がっている。

スナイダー・カットとは、『ジャスティス・リーグ』撮影中に降板したザック監督が本来意図したとされるバージョンのこと。『ジャスティス・リーグ』はその後『アベンジャーズジョス・ウェドン監督がメガホンを引き継ぎ、一部作風をガラリと変えて完成した。
「スナイダー・カット」トレンド入り、『ジャスティス・リーグ』ガル・ガドットとベン・アフレックが「ReleaseTheSnyderCut」支持表明 | THE RIVER

個人的には現状のジャスティス・リーグも全然悪くないと思うのだが、世間的には作品の評価もあまり芳しくないし、興行的にも失敗し、それが原因でDCEUは止まっている。

そこでDCファンが Twiterなどで「#releasethesnydercut」のハッシュタグをつけてスナイダー・カットの公開を求めていたわけであるが、そこに本丸であるジャスティス・リーグの出演者たちが続々と同ハッシュタグをつけてツイートする、という流れになっている。

経緯に関しては上記記事が詳しいが、出演者が軒並み「#releasethesnydercut」を指示する中で、まさか降板したバットマンベン・アフレックまでが賛同するとは思っていなかった。

そのことで、スナイダー・カットがDCEUの現状を覆すことができるほどのポテンシャルを持っていて、さらにはガチで公開あるかも、という両面の期待値が高まってしまう。

興行なんで、一筋縄ではいかないことはわかるが、ここまできたら、自分も遅まきで微力ながら賛同しようと思う。

スナイダー・カットが公開されたら、どんな出来でも最低3回は観ると約束しよう。