二郎問題

昨日の昼休み、隣の席の同僚が会社近くのラーメン二郎に行く。

まあ、想像つくと思うが、同僚は昼休み後から帰宅時までニンニクの匂いを撒き散らす。

いろんな感情が自ずと湧き出るが、核となる部分を簡潔にいうと、「臭い」。

マシマシを何回言えばそんな悪臭を放てるんだよ、と言いたいのをぐっと堪えて仕事をするが、何度も何度も早退を考える。


二郎を昼に食うのは別に構わないが、ケアだけはちゃんとして欲しい。

そんなだから、そこまでだらしない体になるんだと思う。