※感想には個人差があります。

youpouch.com

世界一美味いコーラと言われる「キュリオシティーコーラ」の存在は頭の片隅でなんとなく覚えていて、いつか機会があったら飲んでみたい、と思っていた。

しかし、売っているのがヴィレッジバンガードで、行動圏のヴィレバンがあれよあれよという間になくなっていき、たまたま通りかかることがあっても入ることにためらいを感じ、そんなこんなで飲まないまま数年が経過する。


今日、いろんな兼ね合いでとあるヴィレバンの前を通りかかり、さらにキュリオシティーコーラのことを思い出し、いい加減飲もうと意を決して入店する。

売っているかどうかすら定かではなかったが、果たして売っていて、でも400円と結構高い。

でもここまできて引き下がる話にはいかないんで、キュリオシティーコーラを冷蔵庫から取り出し、レジへ向かう。


レジに向かっている最中に、金髪の男が先にレジに向かう。

手には大荷物。ああ、こりゃヤベェ、時間がかかる、と思っていたら、金髪はさらにダメ押しで「これとこれ、会計分けてもらえます?」とか言い出す。

膝が少しカックンってなる。

ホクロだらけのレジの女が、にこやかに応対し、ちんたらちんたら商品をレジに通している。

レジの奥には髪をピンクに染めた男がいるのだが、隣にあるレジを開けようともせずに、ちんたらちんたら何かをやっている。


「会計分けてもらえます?」の時点で時計を見たんで割と正確にいうが、4分ほどレジを待たされ、ようやく俺の順番が来るか来ないかぐらいで、俺の後ろに女が並び、それを見たピンクの髪の男が隣のレジを開ける。


ヴィレバンに入るのをためらう理由を煮詰めて飲まされた、みたいな体験に目がくらむ思いである。

正直、潰れまくって関東から撤退すればいいと思っている。


結局のところ、キュリオシティーコーラも世界一美味いという上がりきったハードルを飛び越えられるようなものではなく、少なくとも「400円かー・・・・」といった感じではある。