気さくなババア問題

詳しい状況は伏せるが、つい先ほど、ババアに話しかけられる。

ババアは止まっているJPN TAXIを指差す。

「最近タクシー増えたよね」

「まあ観光客増えてますからね、景気ーー」

「10年前からすごく増えたってみんな言ってる」

「・・・はあ、そうかもしれないですね」

「こんなに増えて乗る人いるのかしら」

「いるから増えてるんだと思いますよ」

「気をつけてね」

「は?」

「(若干大声で)気をつけてね」

「はい?」

「あれ(JPN TAXIを指差す)あなたのでしょ?」


厚手のジャージ姿でベンチに座り、寒さに増えながらスマホいじっている俺を見て、タクシー運転手と認識するお前の認知能力を疑いたい。

というか、お前が喋りたいだけで、俺の話を聞く気なんかないだろ。

やっていたのがファイアーエムブレム ヒーローズだったからよかったものの、音ゲーとかアクションゲームだったら、俺キレてたぜ。

適当に話しかけるのやめろよマジで!


と心中で思いつつ、「違いますよ」とスマートに返して、以降ババアの話に生返事の塩対応をする。