やがて空を飛ぶ

早朝の東京を歩く。

30年ぶりぐらいの寒波で、気温は氷点下まで下がっているらしい。

パンツの裾から冷気が入り、下半身を冷やす。

手袋の中まで寒さが染み入り、指がかじかむ。

そんな寒さのためか、意識せずに早足になっている。

本能的に体を温めようとしてるんだと思う。

だったら走ればいいのに、と側から見た人は思うぐらいのスピードで歩く。


そのスピードで延々と歩くうちに頭の中が真っ白になって行く。

考えが歩くスピードについていけず、その場に取り残される。

視界に入る色彩が意味をなさない。

音の波が鼓膜を震わすことができない。

右足が左足を追い越す前に左足が出ている。

そしてウォーカーズハイがやってくる。


未体験のトップスピードに乗る。

頭の中で何かが弾ける。

あ、離陸できる、と思う。


その瞬間、顔を空に向け、手を広げる。

もちろん人間の体は空を飛ぶようにはできていない。

いっきに我に返り、周りに誰もいないことを確認し、散歩を再開する。

広告を非表示にする