スパイダーマン:ファー・フロム・ホームを観る

端的にいって、かなりよくできた映画だと思う。

青春や恋、人としての成長、社会風刺、コメディ要素、その他諸々、物語の要素がかなり多いのだが、どれも高次元で融合していて、語口の手際の良さに本当に感心する。

自分はMCUをちゃんと見はじめたのがキャプテン・マーベルからなのであまり詳しくはわかっていないのだが、MCUの一編としてもかなり重要で的確な掘り下げをしているんだな、ということがなんとなくわかる。

ツイストも効いていて、物語に関しては非のうちどころがない。

特にミステリオのキャラクターの造形は、とにかく感心する。


その一方で、映像やアクションに関してはあまり新規性を感じない。

自分はサム・ライミ版のスパイダーマンの2までがすごく好きで何度も見たのだが、スパイダーマンのアクションはあの頃からあまり進化していないように感じる。

逆に言えば、サム・ライミ版の時点で気持ち良さは確立していたのだ、ということを再確認した。

ただ、ミステリオの能力の部分に関する映像は非常に興味深かった。