過ぎ行く土日

「こうありたい」と思う自分に自分が最も近づいていたのは、高校の時期である。

ただ、高校時代は人生で最も暗い時期で、やり過ごすことに専念していた時期でもあり、全くもってマジな話、高校時分の記憶がほとんどない。

どの程度記憶がないか、それを端的に説明すると、修学旅行に行った記憶がない

そこまで高校の時の思い出がないにもかかわらず、理想の自分に最も近づいていた、という実感は残っている。

もちろん、高校の時に思い描いていた、理想の自分なんてものは青臭いものだったんだろうとは思う。

理想の自分を追求できたのは、高校という社会の狭さのおかげであり、怖いもの知らずの若さゆえなのだろう。


それとは逆に、人生の絶頂期は2005〜2007ぐらいである。

会社での人間関係や仕事、技術者としての自分の成長が全てがかみ合っていた。

そしてその頃は、自分の成長が理想の自分を追い越していた時期でもある。

社畜を自称して居た頃でもあり、24時間・週7日会社に居たかった。土日になると、月曜を心待ちにしてたものである。


で、現状について愚痴を書く予定だったが、昔のことを書いていたら、わりとどうでもよくなった。

思いの外、文章が長くなってしまった、というのもある。

とりあえず今は土日だけが人生の楽しみであり、今週末もあっという間に終わり、もうすぐ月曜が始まる。