私がモテてどうすんだを観る

映画『私がモテてどうすんだ』公式サイト

ジオウルパンレッドの共演とか私が見ないでどうすんだということで当然観に行く。

何の迷いもない。

劇場の様子を眺めたところ、ソロでこの映画を見にきていたおっさんは自分だけではなく、全体的には男女比は拮抗しているように感じる。

もしかしたら他のおっさんたちは山口乃々華富田望生を見にきたのかも知れないが、ニチアサ仲間であることを信じたい。


基本的には「太っていた女が痩せて美人になってイケてる男に超絶モテる」という平安時代から擦り倒されている内容である。

ただ主人公は実は腐女子で、イケてる男たちがイチャイチャしてるところを見たり妄想したりするのが好きなのに、イケてる男たちが私を好きになってどうすんの? という話である。

それだけであれば何となく面白そうになりそうなアイディアではあるが、演出や脚本がかなりマズい。

おそらく原作を90分に収めるために序盤をいろいろ端折りながら物語を詰め込んだのだろうが、単純に下手くそだと思う。

それは脚本家たちも自覚しているらしく、強引な展開に関しては「漫画みたい」的な言い訳を何度かする。

今時その認識の脚本家たちが書いているわけである。


とにかく序盤は見ていて不快になる。

一番許せないのは、序盤で主人公の兄がイケメンたちに主人公の趣味をバラす部分で、バラし方が人として最低だと思う。

その後の展開のための行動だったことはわかるが、人の尊厳を踏みにじるような行動を物語上の必然性もなしに書くのはダメだ。

恥を知れと言いたい。


また演出がとにかく古臭く、ニコニコ動画Get wildをユーモアに利用しているのだが、この映画のメインターゲットは面白く思うんだろうか。

オープニングやエンディングも脈絡なさ過ぎてポカーンとした、というか赤面すらする。

さらには編集間違ったのか? と思うほど、カットがつながっていないところがチラチラある。

雑にも程がある。


ただ、ジオウとルパンレッドの共演の価値を制作側はわかっているらしく、映画のなかで2人が絡むシーンは十二分に用意されている。

さらにはルパンレッドの伊藤あさひは金髪にしており、演技もルパンレッドに寄せていて、意識的であることは明白である。

その部分は割と満足するが、2人は完全なるルッキズムのキャラを演じさせられていて、ガッカリもする。

そうでないキャラがいるだけに、そっちの方をやってくれなかったかなぁ、とは思う。


役者の力量は本当まちまちに感じたが富田望生と上原実矩のコンビはよかった。

彼女たちがはしゃぐ姿はマジで微笑ましい。

ただ、BLに詳しくない自分でも、自分のためにBL的なシチュエーションを「演技」をしている、ということがわかっていて、あそこまで萌えるものなのだろうか、という疑問はある。

自分が言うのは何であるが、腐女子としてのステージは低いんじゃないか、と言う気はする。


今やボディーポジティブだのルッキズムだので、基本のテーマ自体がやり辛い時代ではあると思うが、演出の古臭さも含めて、そこら辺は全く考えてないことは明白である。

そもそも、そこを意識していたらこの映画はやらないだろう。

なので「イイ男がイチャイチャする映像を見せる」という用途で割り切ってこの映画を制作したんだろう。

この映画の用途はわかっているつもりであったが、演出や脚本が本当にダメだったので、いまいち入り込むことができなかった。

もうちょっといいやり方はあるんじゃないかという気がする。