ゆでまんじゅう

東村山を歩いている最中、甘味屋の前を通りかかり、その店先で「ゆでまんじゅう 90円」という値札を見かける。

ゆでまんじゅう?

甘党の自分にとって捨て置けぬ単語の並びであったが、残念ながら昼飯をたらふく食った後だったので断念する。


しかしながら、あまりに心残りで、帰りの電車の中で検索してみる。

まずレシピがきて、

有名店がヒットする。

ゆでまんじゅうは武蔵村山の郷土品で、レシピを見る限り、若干作るのは面倒くさい感じはあるが、複雑なものではないようだ。


自分でこさえるのはちょっと無理そうなんで、武蔵村山を再訪する時に忘れずに食べる。