ハパン・ルイス・ヴォッカ

会社帰りに「ハパン・ルイス・ヴォッカ」なるパンを見かける。

フィンランドパン」というシールが貼ってあり、ライ麦主体のパンらしい。

いわゆる「アルプスの少女 ハイジ」の黒パンである。

自分はパン好きを公言しているが、正直言って黒パンは食べたことがない。

結構な大きさと重さであるが、昼食で食べようと思い、購入する。


びっくりするぐらいマズイ。

包装を解いてまずびっくりしたのだが、味噌の匂いがする。

味も薄味の味噌である。

さらに酸味があり、どう好意的に味わっても、ちょっと饐えた味噌、としか思えない。

食感は粗挽きの麦を硬く固めた感じで、パンをかじるとホロっと崩れ、噛むとボソボソ、その後モチモチしてくる。

こう言った食感は好きであるが、如何せん味が悪すぎる。

半分ほど食べてギブアップする。

そのまま捨ててしまおうかとも思ったが、勿体無いので家に持ち帰る。


これはどうやって食べるんだろうと検索してみた結果、薄切りにして、サーモンやチーズを挟んでちびちび食べるもののようである。

早速薄切りにして食べてみると、なるほど悪くない。

少なくとも、塊をワシワシ食べるものではないというのはわかる。


さらにトーストにしてみる。

焼けてこんがりした部分が風味とカリッとした食感が出て良い。

さらに酸味が飛んで、普通に美味しくなる。


溶き卵に浸して、フライパンで焼いてみる。

思っていた以上に卵とマッチしている。


そして、昼間からやりたくて仕方なかったのだが、味噌汁の具にしてみる。

トーストした後で、味噌汁にぶっこむ。

麦の結合が想像以上に強く、水分を吸い込まないので、汁に浸してもほぐれない。

味もやはりというか、味噌と違和感なく調和している。

箸で少しずつ崩しながら食べたが、味噌汁の具として十分に機能する。

逆に言えば、違和感がなさすぎて、わざわざ味噌汁にする意味はあまりない気はする。


もうしばらくは買わないと思うが、なかなか面白い体験であった。