参賀する

5/4に行われた一般参賀に行ってきた。

前日(5/3)ラジオを聴いていたら一般参賀のニュースが流れ、本当になんとなく、行ってみようか、という気になった。


いつものように朝6時に起き、朝食を取り、身支度をして出発をする。

だいたい7時半には東京駅に到着したのだが、ここでなぜか余裕を見せてしまい、地下の喫茶店で30分ほどコーヒーを飲んでくつろいでしまう。

ここは悔やんでも悔やみきれない。


8時ぐらいになって皇居に向かうが、駅の出口ぐらいからすでに人でごった返している。

完全に見通しが甘かったと認識した瞬間である。

それでも皇居正門までは割とすんなり入れる。


自分は一番端のレーンで待機していたのだが、その隣は具合が悪くなった人を搬送する通路になっている。

待っている間、ご老人たちが次々と搬送されていく。

日差しが割とあって、これは無理ねぇな・・・、と思う。


10時近くになり、門の中に移動していく人たちが見える。

しかしながら、自分たちの列はビクともしない。

時間は10時を過ぎ、自分たちは11時の回に回されたことを知る。

自分が待っている列の位置を考えると、コーヒーさえ飲んでいなければ、10時の回に間違いなく潜り込めたはずである。

すでにうんざりしながら、11時を待つ。


11時近くになって、ようやく自分たちの列が動き出す。

列に並び始めてすでに3時間近く経過しており、ようやく始まる、というところよりも、歩ける、ということに喜びを感じてしまう。


宮殿のある広場までようやくたどり着くが、ここも信じられない人でごった返している。

間違いなく、今まで見てきた中で、一番人が集まっている光景だろう。

遠くに天皇が出てくるであろう、ベランダが見えるのだが、遠い。

実に遠い。

気持ち的にはもっと近づきたいが、物理的に無理な感じである。

その上、後ろからプレッシャーがくる。


やがて、天皇が在らせられる。

f:id:asd_santohei:20190506133648j:plain

こんな感じで、遠い上に旗が邪魔で何が何だかよくわからず、5分程度でお言葉は終わる。

その後、退出する国民に手を振って見送る感じを想像していたのだが、そのままあっさり奥に下がる。


まあ、なんとなく雰囲気はわかった。

やっぱり自分は人混みが嫌いだということを再認識する。

そして2度と行かない。