ジェミニマンを観る

毎月1日は映画の割引デーで、今月は金曜日であり、上映作品の切り替えのタイミングに重なり、本来観たかった「ジョン・ウィック:パラベラム」は、前日に上映終了になる。

そんな状況の中、プログラムを眺めて、なんとなくジェミニマンをチョイスする。

はっきり言えば、観たいとも観たくないとも思わない映画ではあるが、他がほぼ観たくない作品だったので、観ることにする。


期待値がそこそこ低い状態で観たために、それなりに楽しめたとは思うが、なんらかの熱量を持って感想を話すような映画ではない。

アクションはまあ面白い。

バトルシーンは、MCU以降のアクションという感じで、カメラワークもフレッシュさを感じる。

特筆すべきはバイクチェイスで、シチュエーションとしてはベタだが、まだまだ可能性があったんだな、と感じさせてくれる物であった。


その一方、話は雑で、売りであるはずの老いたウィル・スミス vs ヤング ウィル・スミスの対決は、和解を前提としたような話運びで、和解のカタルシスがまったくない。

だろうな、という感じ。

組織や人間の関係性もよくわからず、重要な人物が特に理由もなく、あっさり退場する。

因果律の乱れが最後まで続き、アクションを見せられれば物語とかどうでもいいんだろうな、という気がする。


正調のB級アクションを観たなぁ、という感じ。