名古屋の引力

深夜バスに乗り、富山に旅行に行く。


ラジオを聴きながら富山の街を練り歩く。

正直言って、富山のラジオ局であるKNBの番組がどうも性に合わなかったので、NHKを聞く。

自分にとっては意外なことなのだが、富山のNHKは名古屋放送局からのニュースを流している。

地理的に言って富山は新潟と近しい文化圏だと思っていたのだが、どうも名古屋の引力の方が強いっぽい。

富山は日本海、愛知は太平洋で真逆に位置していて、断絶されている気がしたが、地図で確認してみると、実際には間に岐阜しかない。


NHKに関しては基幹局の関係でそうなっているようだ。

新潟は東京のエリアで、富山は名古屋のエリアとのこと。

そのせいか、ホテルでテレビを見ていた際に、天気予報で関西や名古屋が表示されているのだが、新潟や長野が全く表示されていない。


鉄道から見ても、富山・新潟間はどうしても1回は乗り換えないといけないのだが、富山・名古屋間は4時間ほどかかるにせよ、乗り換えなしでいける特急がある。


個人的にすごい意外で面白い。