堅ボーロを喰らう

長浜に旅行に行く。


長浜で食べたい物をピックアップしていると、大抵の店が長浜駅前の黒壁スクエアにあることに気づく。

地図上にピンを立てていた段階では、結構歩くことになるのかな、と思っていたが、実際に歩いてみるとそこまで広いエリアでなく、労せず長浜のグルメが堪能できる。

とは言っても、自分にとってグルメとはほぼスイーツのことであるが、ことスイーツに関してはサラダパンとか焼鯖そうめんほど長浜ならではというものはない。

そんな中、一番印象深かったスイーツは「堅ボーロ」である。


堅く焼いたパン生地を生姜砂糖でコーティングしたお菓子である。

自分は生姜糖が好物なんで、味はすごく好きであるが、とにかく堅い。

今までの人生で口に含んだものの中で、おそらく石の次ぐらいに堅い。

知らずに最初の一個を噛んで、奥歯が折れるかと思ったぐらい堅い。

口に含んで飴のように舐め、ふやかしながら食べるそうだが、そうしないと危ないぐらい堅い。


f:id:asd_santohei:20191029085231j:plain

自分は非常に趣のある「元祖堅ボーロ本舗」で購入したが、実際は長浜の土産屋など、至る所で買える。

なんなら秋葉原でも買えるようだし、通販もやっている。

手に入れやすいようなので、食べたことがなければ試してみてもいいんじゃないだろうか。